curve

観光関連の導入事例

課題


国内需要が低迷する中、成長戦略として”観光立国”をめざし、日本の観光資源は大きく期待されています。老後の時間を観光に充てる高齢者のみならず、アジアやその他地域の新興国からの観光客にも大きな注目が集まっています。しかしながら、観光業の情報インフラは、高齢者の旅行者や海外からの観光客には十分便利だとは言えませんでした。


・増加する高齢者の旅行者、観光客が十分な情報にアクセスし、観光を充実したものとするにはどうすればよいか?

・急増する海外からの観光客に対し、外国語でどのように観光情報を案内すればよいか?

・近年高齢者の利用も増えている画面サイズの小さいタブレット端末やスマートフォンの利用時に、どのように確実に情報をアクセス可能にすればよいか?


解決策


・音声読み上げをホームページに実装することにより、ソフトウェアのダウンロード無しでワンクリックで簡単に情報の音声による提供が可能になります。音声は即自的に生成されるため、最新の情報が即座に音声化されます。

・タブレットやスマートフォン用のサイトを利用しながら音声で観光情報を案内することにより、観光をしながら情報を簡便に取得できます

・外国語コンテントを音声で読み上げ、海外からの利用者にも効果的に情報を提供できます


観光関連の導入事例

東京観光財団 GO TOKYO
日本語

英語・韓国語・中国語(簡体字)・フランス語・タイ語

日本語

国営沖縄記念公園