curve

一般企業の導入事例

課題

一般企業は株主や顧客、従業員やその家族、サプライヤーや地域コミュニティー等のステークホールダー(利害関係者)に対して様々な責任を負っています。企業の社会的責任は今後さらに重要性を増すと考えられ、CSR部門や予算を充実させる企業も増加しています。そのような状況の中で、企業の広報担当者は多様なステークホールダーとのコミュニケーションを効率的効果的に達成する大きな責任を担っています。


・年々高齢化するステークホールダー、特に高齢個人投資家、株主(IR)や地域住民等とのコミュニケーションを如何に実現するか?

・特に、文字を読むことに問題がある人に、どのように情報を伝達すればよいか?

・近年高齢者の利用も増えている画面サイズの小さいタブレット端末やスマートフォンの利用時に、どのように確実に情報をアクセス可能にすればよいか?


解決策

リードスピーカーのサービスのような音声読み上げをホームページに実装することにより、ソフトウェアのダウンロード無しでワンクリックで簡単に情報の音声による提供が可能になります。音声は即自的に生成されるため、最新の情報が即座に音声化されます。


一般企業の導入事例